パートの給料の平均は?パート・副業を始める前に知っておきたいこと

「 パートタイムって何時間労働? 」

「 月の給料はどのくらい? 」

「 時間と給与、効率よく働きたい! 」

「 配偶者の扶養入れる?入れない?所得税や社会保険のこと 」

今からパートタイムを探そうと考えている方へ

パートの給料の平均や、パート・副業を始める前に知っておきたいことを簡単にまとめました

ぜひご参考ください

 

現在 私は子育て真っ最中、

お昼寝の時間や、夜寝かしつけが終わってからの

ちょっとしたすきま時間を利用して、月に10万円ほどの収益を上げています。

 

とりあえずお家でできる仕事を始めてみたいけど‥

主婦ができる在宅ワークを探しているけど何から始めたらいいか分からない‥

未経験でも在宅ワークって出来るのかな、と不安な方は

【在宅ワークってどんな仕事?】スマホひとつ 主婦におすすめの在宅ワークはこれ!

【 今すぐできるメルカリ売上げ術 】を参考ください

※記事は3分くらいで読み終わります

深堀した解説などは、関連記事ではりつけました

 

 

✔記事のテーマ

・パートの給料の平均は?パート・副業を始める前に知っておきたいこと

パートの月給与の平均、労働時間の平均
配偶者の扶養範囲ないとは?所得税と社会保険のこと
どんな職種がパートに多いの?高時給の職種は? パートを選ぶ理由メリットは?

 

スポンサードリサーチ




パートの給料の平均は?パート・副業を始める前に知っておきたいこと

まずは、パートの給料について

厚生労働省の平成30年度の毎月勤労統計調査(厚生労働省ホームページ)によると、

 

パート労働者全体で月あたりの平均の給料は、99,825です。

時間当たりの給与、時給=1,135円 (平成30年7月)

一日の労働時間平均=4.1時間 (平成30年7月)

月の総実労働時間=86.3時間 (平成30年7月)

 

 

ここで知っておきたいのが、

所得税に関わる103万円の範囲内社会保険に関わる130万円の範囲内2点!

毎月勤労統計調査を見ると、みなさん

配偶者の扶養に関わってくる所得税や社会保険の範囲内で働いている方も多いようです

住民税を0円にするためには、年収100万円以下が範囲内です

 

※一般労働者の月平均給与=311,940円です
一般労働とパートタイム労働の給料差は、労働時間と職種の差ではありますが
ある程度、就業時間の調整をして(抑えて)働いている人も多い結果です

 

 

 

どんな職種がパートに多いの? 高時給の職種は? パートを選ぶ理由、メリットとは?

厚生労働省パートタイム労働者総合実態調査の概況によると、

1位は「サービスの仕事 26.5%

2位は「事務的な仕事 20.2%

3位は「販売の仕事 19.5%」の順となっています

 

平均時給率が高いのは、専門的スキルが問われる「 専門的・技術的な仕事 」です

 

パートを選んだ理由別のパートの割合(複数回答)をみると、

 

1位、「自分の都合の良い時間(日)に働きたいから」が 57.0%と最も高い割合となっており、

2位、「勤務時間・日数が短いから」39.4%、

3位、「就業調整(年収の調整や労働時間の調整)ができるから」20.2%の順となっている

 

男女別回答では、

「家庭の事情(育児・介護等)で正社員として働けないから」が 21.7%と

高い割合で理由に上がっています

パートタイムを選ぶ理由はそれぞれの事情がありますが

上位を見ていても、時間が欲しいという理由が主です

子育て中ならば、保育園や学校のこと、お家のこと、仕事のこと

そして、時には自分時間も欲しいですよね

パートタイム労働のメリットとしては、自分の都合の良い時間(日)に働けること

 

 

パートの1日平均労働時間=4時間~5時間

平均月収=99,825円

 

私の場合も、時間に余裕が欲しかったので

一日2時間~3時間のすきま時間でできる在宅ワークを選びました

実際に、どんな仕事で、時間で、どのくらい稼いでるの?

私の実例を紹介しています

【在宅ワークってどんな仕事?】スマホひとつ! 未経験でもできる主婦におすすめの在宅ワークはこれ!

 

在宅ワークって難しそう、何から始めていいか分からないという方は

こちらを参考にしてください

初心者でもすぐ出来る、月収10万円稼ぐ主婦の在宅ワークの中身について具体的に解説します!

初心者でも分かりやすく簡単に解説しています

 

 

 

まとめ

パートの給料の平均は?パート・副業を始める前に知っておきたいこと

パートの月給与の平均、労働時間の平均

 

パート労働者全体で月あたりの平均の給料は、99,825です。

時間当たりの給与、時給=1,135円 (平成30年7月)

一日の労働時間平均=4.1時間 (平成30年7月)

月の総実労働時間=86.3時間 (平成30年7月)

 

 

配偶者の扶養範囲ないとは?所得税と社会保険のこと

所得税に関わる103万円の範囲内、社会保険に関わる130万円の範囲内2点!

毎月勤労統計調査を見ると、みなさん配偶者の扶養に関わってくる

所得税や社会保険の範囲内で働いている方も多いようです

住民税を0円にするためには、年収100万円以下が範囲内です

※一般労働者の月平均給与=311,940円です
一般労働とパートタイム労働の給料差は、労働時間と職種の差ではありますが
ある程度、就業時間の調整をして(抑えて)働いている人も多い結果です

 

 

どんな職種がパートに多いの?高時給の職種は? パートを選ぶ理由メリットは?

1位は「サービスの仕事 26.5%」

2位は「事務的な仕事 20.2%」

3位は「販売の仕事 19.5%」の順となっています

平均時給率が高いのは、専門的スキルが問われる「 専門的・技術的な仕事 」です

パートを選んだ理由別のパートの割合(複数回答)をみると、

1位、「自分の都合の良い時間(日)に働きたいから」が 57.0%と最も高い割合となっており、

2位、「勤務時間・日数が短いから」39.4%、

3位、「就業調整(年収の調整や労働時間の調整)ができるから」20.2%の順となっている

 

男女別回答では、

「家庭の事情(育児・介護等)で正社員として働けないから」が 21.7%と

高い割合で理由に上がっています

 

メリットとしては、自分の都合の良い時間(日)に働けること

私の場合も、時間に余裕が欲しかったので

一日2時間~3時間のすきま時間でできる在宅ワークを選びました

 

実際に、どんな仕事で、時間で、どのくらい稼いでるの?
私の実例を紹介しています
【在宅ワークってどんな仕事?】スマホひとつ! 未経験でもできる主婦におすすめの在宅ワークはこれ!

 

在宅ワークって難しそう、何から始めていいか分からないという方は
こちらを参考にしてください
初心者でも分かりやすく簡単に解説しています

スポンサードリサーチ