マイクラが学べるd-schoolオンラインの評判は?利用者の感想まとめ

2019年12月12日

「マインクラフトって何?」

「ゲームで勉強が出来るの?」

「一石二鳥!?教科×プログラミングって良さそう」

最近よく耳にするようになった“マインクラフト”
この記事では、マインクラフトでプログラミングが学べるd-schoolオンラインの評判と、実際の利用者の感想をまとめました。
マイクラッチJrとマイクラッチの学習内容の違いも比べていますので、今後のプログラミング学習の参考にしていただけたら幸いです。
 
 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

本記事のテーマ

マイクラが学べるd-schoolオンラインの評判は?利用者の感想まとめ

  • マインクラフトで学ぶd-schoolオンラインって何?
  • マインクラフトで何を学ぶ?マイクラッチJrとマイクラッチの学習内容の違い
  • 評判はどうなの?実際の感想は?
  • まとめ

 

 

この記事を書いている私は、元幼稚園教諭、主婦歴5年目、ブログ歴は現在164記事更新中です。

元々、教育に関心はありますが、プログラミングについては無知からのスタート。
2020年から始まるプログラミング教育、私も子供をもつ親としてどう捉えていいのか分からず、とにかくプログラミングについて学んでいるところです!
 

その結果分かったことや、改めて不安な部分、子供の将来への希望など、分かりやすくまとめています。
子供を持つ親として知っておきたい情報、記事を参考にしてくだされば幸いです☆

 

マイクラが学べるd-schoolオンラインの評判は?利用者の感想まとめ

マインクラフトで学ぶd-schoolオンラインって何?

 

 

Minecraft(マインクラフト)は、サバイバルゲームの中で自由にブロックを配置し建築等を楽しんだり
ものづくりや探検などを楽しみながら、自由に、考えながら、プログラミング的思考で進めていくゲームです。
 
アメリカでは学校の授業にも取り入れられていて、9万校が授業に採用し、400万人の生徒児童に提供されている実績もあり、定評と馴染みのある教材です。

日本でも、特に小学生・中学生に人気のプログラミングゲームとなっています。

 

 

このマインクラフトで、プログラミング学習が組み込まれているのがD-SCHOOLオンライン 」です。

d-schoolオンラインは、小学1年生の低学年~高学年向けに考えられたプログラミング学習のカリキュラムがあり、小学生の子をもつ親御さんにも注目されている子供プログラミング学習です。

特に、算数や理科英語など教科と一緒に学べる、教科×プログラミングが充実していることで知られています。

このd-schoolオンラインでは、ひらがなが読めるようになればプログラミング学習に取り組めるので、「プログラミングって難しそうだな」という悩みを取っ払って、ゲーム感覚で始められますね。

 

でも、実際にはマインクラフトでどんなことを学ぶのか?具体的な内容を見ていきましょう!

 

 

 

マインクラフトで何を学ぶ?マイクラッチJrとマイクラッチの学習内容の違い

 

マインクラフトを使った学習では、プログラミングのスキルや知識はもちろん、プログラミング学習に欠かせない
論理的思考=考える力」を育て学んでいきます。
この考える力は、小学校プログラミング学習の大事なねらいでもあり、プログラミング学習を始める前に知っていきたいキーワードです。
 
分かりやすくまとめた記事がありますのでぜひ参考ください。

子供プログラミング学習で得られる“ 論理的思考 ”とは?分かりやすく説明します!

 

 

ここで、よく質問をいただくd-schoolオンラインの “マイクラッチJr” と “マイクラッチ” の違いを説明しますね。

 

年齢で違いを分けると、

小学校低学年(1年生~)向けが マイクラッチJr 

小学校高学年(3年生~)向けが マイクラッチ です。

 

マイクラッチJr

小学校の算数や理科の授業を先取りしながら、マインクラフト×プログラミングを使って建物やゲームを作る。プログラミングを学んでいくのに必要な知識や技術を学べるコース。

マイクラッチ

マインクラフトで動作する様々なゲームをプログラミングしていくコース。アスレチックコースやまちがいさがし、迷路など、家族や友達にも遊んでもらえるゲームが制作できる。

 

 

それぞれコース全12回の中で、回数を重ねるごとにレベルアップしていく内容です。

2つの学習内容の違い、具体的にはこのような感じです。

 

学習内容の違いをカンタンにまとめると、
マイクラッチJr では、タイピングを始めながら算数や理科など教科の中で、プログラミングに触れていきます。
マイクラッチ では、建物の建築や変数など、空間・数学的能力を加えながら本格的なプログラミングを学んでいきます。
 
年齢を参考にコース分けも出来ますが、マインクラフトやプログラミング学習が初めてなら、まずはマイクラッチJrから、子供の学習レベルを見ながら始めるのも良いと思います。
学習を選ぶ時に注意したい点は、「子供の興味関心や学習レベル」を知ること。
簡単すぎても飽きてしまうし、難しすぎると苦手意識を生むこともあります。
体験コースなどを活用して、まずはその子に合ったレベルを観察することをおすすめします。

 

私がいつも基準にしているのは、子供が “難しい課題に楽しんで取り組める” 姿です。

 

 

評判はどうなの?実際の感想は?

D-SCHOOLのマインクラフトは、子供たちにも馴染みのあるスクラッチをベースにした独自のカリキュラムです。マインクラフトゲームが好きな子供、プログラミングが初めての子供でも楽しく学べるようオリジナルに改良された“マインクラフト×スクラッチ”のソフトに人気が集まっています。

 

実際にD-SCHOOLのマインクラフトのソフトを使って学習した子供の感想を紹介します。

 

小学3年生 

とても楽しくオンラインコースをやっています!
動画はとても丁寧でわかりやすいです。動画なので、何度も見れるのもとてもよいです!いろんな課題に挑戦するのが特に楽しくて、もっとたくさんのものをコースの中で作っていきたいです!

小学4年生

マイクラは、WiiU版を前からやっていましたが、プログラミングもできるんだということを知ってマイクラッチコースを選びました。自分で作るんじゃなくて、建物などを作らせるっていうところが普段の遊びのマイクラとは全然違うし、すごく楽しいです!

小学4年生 

実際に作ったものが動くこと、そして中の仕組みがわかることも楽しいです。
最初慣れるまでは親に質問したりしていましたが、最近はほとんど自分でできるようになりました。
わからないときは動画を戻して再確認したり、似たようなプログラムを見るようにしています。
RPGゲームが完成できるように頑張っているので、いろんなジャンルを試してみたいです!

 

小学5年生 

新しいことにチャレンジしてる感じがとても楽しいです!
それに新しい発見も多い!
学校の勉強はわからないと楽しくないけど、
プログラミングはできなくても面白いんです。
途中少しできないことがあっても
完成目指して続けたくなるんです。
そこがすごく面白い!
 
プログラミングはちゃんと始めたばかりなので、
とにかくいろいろやってみたいと思います。
ロボットとかも興味あるし
いろんなゲームも作ってみたいです!
 
 
 

保護者の感想

D-SCHOOLのオンラインコースは堅苦しくなくて、楽しく考えながら自分のペースで進めていけるのがとてもよいですね。また、教室と違って時間がきたらその日はおしまいということがないので、”なぜ”を納得いくまで突き詰められるのも良いと思います!(もちろん、やりすぎないように時間の管理はしていますが)

保護者の感想

元々、マイクラばかりやってたので、夢中になっているマイクラが学びになったらいいなと思ったのがきっかけです。親世代が遅れているので、こういうのは早めにやらせてあげるのはよいことだと思います。やらされてではなくて、楽しくすきでのめり込んでいってくれるのが一番よいですね。プログラミングは今後もっと重要になるのでどんどん学んで欲しいと思います。

保護者の感想

学校に加え、塾を週3回ほど通っているのでまとまった時間はあまりないかもしれませんが、そんな中でオンラインでは子供が自分のペースで進めていけるのでとてもよいと感じています。
 
これからの時代、働く環境や働き方もますます変わると思います。
子供の時からオンラインで学習するという経験ができることはとても有意義ですし、これからの時代を考えると子供の将来にも非常によいことだと思います。

 

 

 

まとめ

最近よく耳にするようになった“マインクラフト”
ただ遊ぶだけのゲームではなく、プログラミングが学べる内容が、子供にはもちろん親御さんにも注目されている理由でした。
遊びながらプログラミング思考が学べるならどんどん挑戦してほしいですよね。

 

14日間の無料で試せるマインクラフトの無料体験があるので、こちらもぜひ活用してくださいね。

年齢や子供の適応レベルに合わせた内容が考えられているので、自由な発想でクリアする達成感も味わうことができます。プログラミングを自然と取り入れて、子供の自信へ繋げましょう。

他、D-SCHOOLオンライン について詳しくは公式ホームページをご覧ください。
 

 

スポンサードサーチ