【子供プログラミングっていつから?】これを読めば分かる!親として知っておきたい事のまとめ

2020年1月20日

「プログラミングってなに?!」

「小学校のプログラミング授業っていつから?」

「なんでプログラミングが必要なの?」

聞きたいけどなかなか聞けない、プログラミングのあれコレを一つの記事にまとめました。

3分程度の記事ですので、まずはこの記事を読んで、親として知っておきたい
“ 子供プログラミング ” について、これからのプログラミング学習についてぜひ参考ください☆

 

スポンサードサーチ

 

 

 

記事の内容

【子供プログラミングっていつから?】今からでも間に合う!親として知っておきたい事のまとめ

  • プログラミングってなに?
  • 子供プログラミングってなに?なぜ必要なの?
  • 実際どんなことをするの?
  • どんなことが学べるの?
  • どこで学べるの?
  • 子供プログラミングの親として知っておきたい事まとめ

 

 

この記事を書いている私は、元幼稚園教諭、主婦歴6年目、ブログ歴は現在123記事更新中です。
現在はプログラミング教育専門ブロガーとして活動中です。
 
元々、教育に関心はありますが、プログラミングについては無知からのスタート。

2020年から始まるプログラミング教育、私も子供をもつ親としてどう捉えていいのか分からず、とにかくプログラミングについて学んでいるところです!

 

その結果分かったことや、子供プログラミングについての最新情報、改めて不安な部分、子供の将来への希望など、分かりやすくまとめています。

子供を持つ親として知っておきたい情報、記事を参考にしてくだされば幸いです☆

 

 

【子供プログラミングっていつから?】今からでも間に合う!親として知っておきたい事のまとめ
 

プログラミングってなに?

 

プログラミングとは、コンピューターが理解できるように正確に指示を出すこと

 

例えば、「まっすぐ進んでほしい」「右に曲がってほしい」「階段をのぼってほしい」など人間が出す指示(プログラム)を
コンピューターが実際に理解できる形で表すことを(プログラミング)と言います。

 

 

 

 

プログラミングを学んでいると、「プログラミング言語」という言葉が出てきますが「プログラミング言語」とは
コンピューターが実際に理解できる言葉という意味です。

 

プログラミング言語には、

  1. Java
  2. C(言語)
  3. C++
  4. C
  5. Python
  6. JavaScript
  7. PHP
  8. Visual Basic .NET
  9. Assembly language
  10. Ruby

 

その数は、全部で300数もあるといわれていますが、実際に使われているのは50以下だそうです。

 

 

 

 

子供プログラミングって何?なぜ必要なの?

 

子供プログラミングとは?

プログラミング子供プログラミング
大人も子供もプログラミングの意味は一緒です。
※プログラミング=コンピューターへ正確に指示を出すこと。

 

プログラミングの意味は一緒ですが、ひとつ注意しておきたいのが、「なんのための学習か」ということ。
子供プログラミング学習の特徴は、
プログラミング的思考を養うことを目的としています。

プログラミング学習では知識をまる覚えするのではなく、自分で考え、それらを形にしていく「考える力」を身につけます

 

 

 

 

子供プログラミングは、なぜ必要なの?

 

私たちの生活は、たくさんのプログラミングによって支えられています。

自動車、電車、エレベーター、飲食店、ネットショッピング、掃除機ロボット、食器洗浄機、洗濯機、テレビ、エアコン、パソコン、スマートフォン

 

 

どれも生活には欠かせないモノばかりですね。

どんどん増えていくコンピューター・ロボット社会に向けて、子供たちのプログラミング的思考や、知識、スキルは必須となっています。

 

 

文部科学省は、2020年から小学校でのプログラミング教育の必修化を決定しています。

小学校へ通うすべての子供たちが、授業の中でプログラミングに触れる機会が出てきます。

 

 

 

 

子供プログラミングって実際どんなことをするの?

 

子供プログラミングでは、コンピューターのプログラミングの概念や基礎、スキルを学びますが

実際には、

  1. 幼児向けに開発されたソフトやアプリを使うソフトプログラミング
  2. 動かせるロボット、レゴ、小型ボートなどのハードプログラミング
  3. カードやパズルを使ってコンピューターが動作する仕組みや手順(アルゴリズム)を学ぶアンプラグドプログラミング

 

この3つに分かれています。

 

 

 

子供の年齢や理解レベルに合わせて、プログラミングを学んでいきます。

子供プログラミング学習は、早くて3,4歳~
2020年からは小学生の必修化スタート、中学生、高校生、大学入試へと必要不可欠となります。

年々、それぞれの目的や必要な知識とスキル、学べる本やおもちゃ・教材が研究され
身近で通える教室などが充実してきています。

 

「子供プログラミングのまとめ ~知識ゼロから、アプリ・おもちゃ・教室まで~」

本、教材、教室についてはさらに詳しく関連記事にまとめていますので参考ください☆

 

 

 

 

プログラミング学習でどんなことが学べるの?

 

プログラミング学習でどんなことが学べるのか?

プログラミング学習では、プログラミング的思考を学びます。

 

 

プログラミング的思考とは?

プログラミング学習を通して、

  • 自由な発想(自分で考えだす力)を広げる
  • 物事の順序を立て、それらを形にする
  • ものづくりの基礎・発展から論理的思考力・科学的思考力などのスキルを身につける
  • 実用的なプログラミング言語を学ぶことができる

 

目的やゴールから、物事を順序立てて考え、結論を導き出し、実行すること

この思考は、社会生活で大きく役立ちます。

 

知識をまる覚えすることが目的ではなく、自分で考え、それらを形にしていく「考える力」を身につけるためのプログラミング教育なのです。

 

 

 

 

プログラミング学習ってどこで学べるの?

 

2020年からは小学校のプログラミング授業が導入されますが、学校だけではなく、プログラミング教室や、自宅で学習することもできます。

 

「今まで気が付かなかったけど、近所にプログラミング教室がある!」

「おもちゃコーナーで、アルゴリズムやプログラミングのおもちゃをよく見るようになった!」

 

など、気が付けば私たちの周りにもプログラミング教室や、自宅で学べる教材が増えていますね。

 

 

自宅でできるアプリや、おすすめの教室をまとめています。詳しくは上記の記事を参考ください☆

 

 

 

 

【子供プログラミング】親として知っておきたい事のまとめ

 

プログラミングって何?

プログラミングとは、コンピューターが理解できるように正確に指示を出すこと。

 

 

子供プログラミングって何?なぜ必要なの?

子供プログラミング学習の特徴は、プログラミング的思考を養うことを目的としています。

 

プログラミング学習では知識をまる覚えするのではなく、自分で考え、それらを形にしていく「考える力」を身につけます。

私たちの生活は、たくさんのプログラミングによって支えられています。

どんどん増えていくコンピューター・ロボット社会に向けて子供たちのプログラミング的思考や知識、スキルは必須です。

 

 

 

子供プログラミングって実際どんなことをするの?

実際には、

  1. 幼児向けに開発されたソフトやアプリを使うソフトプログラミング
  2. 動かせるロボット、レゴ、小型ボートなどのハードプログラミング
  3. カードやパズルを使ってコンピューターが動作する仕組みや手順(アルゴリズム)を学ぶアンプラグドプログラミング

大きく分けて3つの方法でプログラミングの概念や基礎を学んでいきます。

 

 

子供プログラミング学習でどんなことが学べるの?

プログラミング学習を通して、

プログラミング的思考 = 自分で考え、それらを形にしていく「考える力」を身につけるための思考を養っていきます。

 

 

子供プログラミング学習ってどこで学べるの?

2020年からは小学校のプログラミング授業が導入されますが、学校だけではなく、プログラミング教室や、自宅で学習することもできます。

 

「子供プログラミングのまとめ ~知識ゼロから、アプリ・おもちゃ・教室まで~」

本/教材、教室、自宅でできるアプリをまとめています。詳しくはこちらの記事を参考ください☆

 

 

スポンサードサーチ