【子供プログラミングは必要?】自宅で取り組む教材のメリットデメリット、失敗しない選び方!

2019年12月19日

 

「プログラミング授業が始まる前に、自宅でも取組みたいけど出来るか不安‥」「どんな教材から始めていいのか分からない」「本当に子供プログラミングって必要なの?」と疑問を抱えている方のお悩みを解決できる記事になっています。
この記事を読んで、子供プログラミングの必要な理由と、自宅プログラミングのメリットデメリット教材を選ぶときの注意点を知っていきましょう。
失敗しない教材の選び方を身につけます。

 

 

スポンサードサーチ

 

本記事のテーマ

子供プログラミングは必要?自宅で取り組む教材のメリットとデメリットと失敗しない選び方!

  • 子供プログラミングは必要???
  • 自宅で取り組む子供プログラミング教材のメリットとデメリットと失敗しない選び方!
  • まとめ

 

 

この記事を書いている私は、元幼稚園教諭、主婦歴5年目、ブログ歴は現在132記事連続更新中です。

元々、教育に関心はありますが2020年から始まるプログラミング教育については、「パソコンは日常的に使うけど、プログラミングについては無知‥」
私も子供をもつ親としてどう捉えていいのか分からず、とにかくプログラミングについて学んでいるところです!
その結果分かったことや、改めて不安な部分、子供の将来への希望など、分かりやすくまとめています。
子供を持つ親として知っておきたい情報、記事を参考にしてくだされば幸いです☆

 

 

 

子供プログラミングは必要???

 

「子供向けプログラミング教室を見かけるけど、子供プログラミングって何?」「なぜ子供にプログラミング学習が必要なの?」

2020年から、小学校の授業での導入が決定しているプログラミング学習の必修化に向けて、私たち親もプログラミング教室や、子供に合う教材を探す機会が増えてきたと思います。

 

まずは、「なぜ子供プログラミングが必要か?」子供のプログラミングを理解することで、環境的にサポートすることや具体的に準備するべきもの、適切なタイミングが分かってきます。
教材選びの前にぜひ読んでおきましょう。
【子供プログラミングっていつから?】これを読めば分かる!親として知っておきたい事のまとめ

 

 

 

自宅で取り組む子供プログラミング教材のメリットとデメリットと失敗しない選び方!

 

自宅で取り組む子供プログラミングとは?

通学タイプの教室とは違って、自宅で親子一緒に、オンラインの先生と一緒に、子ども自身で、プログラミング教材を使って取り組む学習です。

 

 

自宅で取り組む子供プログラミング教材のメリットとデメリットとは?

メリットは、

  1. 好きな時間に取り組める
  2. 子どもが興味関心をもって取り組めるように自宅教材の工夫がされている
  3. 教室へ通う時間を有効活用できる
  4. 教室に比べて費用が抑えられる

 

デメリットは、

  1. 教えてくれる先生がいない
  2. 子どもの興味関心を惹かないことがある

 

 

 

失敗したくない!子供プログラミング教材の選び方のポイントは?

調べて、調べて、注文して、届いて、いざ自宅プログラミング学習に取り組もうとした時に「子供がぜんぜん興味を示さない‥」となると、親心としては残念以外ありませんね。
失敗しない為に教材の選び方、選ぶポイントを抑えましょう!
 
結論から言うと、デメリットをクリアすることです。

 

自宅で出来るプログラミング教材のデメリットは、

  1. 教えてくれる先生がいない
  2. 子どもの興味関心を惹かないことがある

この2つを抑えることがポイントです。

 

 

デメリットをクリアするためには?

具体的には、

 

  1. 教えてくれる先生がいない → 親が先生になる
プログラミングの細かい作業を熟知する必要はありません。
親が教材を知って、子供の学習の流れを知っておくことでどうしても先生が必要になった時に、アドバイスすることができます。
 

プログラミング教材を選ぶときは、プログラミングが初めての親でもサポートできる、写真・映像付きの解説ブックがあるかチェックしましょう。

 

 

 

 2.子どもの興味関心を惹かないことがある

       → 体験や資料を駆使する!

子供プログラミング教材には、無料体験や、お試しキット、資料が貰えることがあります。
教材を購入する前に、実際に体験や資料を受けて子供と試してみましょう。
子供の反応で興味が見つかります!
できる事は、「実際に試す」ことがポイントです。

 

プログラミング教材1社だけを調べるのでなく、候補の2社で、学習内容や費用を比べてみることもおすすめです。

 

 

例えば、

Z会プログラミング講座
アフレル小学生プログラミング教材

 

こちらの2社は、人気のレゴをプログラミング教材としてカリキュラムを組んでいます。

 

 

Z会では資料請求が無料なので、実際に親子で詳しい資料に触れる。

Z会プログラミング講座
 

 

アフレルでは、購入前でもお問合せサポートが誰でも無料で受けられるので、学習方法や費用など、画面では分からない事を詳しく聞いてみましょう。

アフレル小学生プログラミング教材

 

 

 

 

自宅で取組む子供プログラミング教材のメリットとデメリットと失敗しない選び方!まとめ

それぞれの無料サービスを受けてみて、レゴプログラミングの内容を比べましょう。
実際に試すことで子供に合った教材や、学習方法が見えてきます。
レゴが好きな子であれば、上の2社(レゴプログラミング)の体験や資料キットを、実際に試してみてくださいね。
Z会は小学校1年生からできる基礎編があるので初めてのプログラミング学習にはその辺りもおすすめです。
 

教材選びのポイントはできる事は、「実際に試す」ことが大切です。

 

【子供プログラミング学習・教室についての記事】

【子供プログラミングおもちゃ・教材に関する記事】

 

スポンサードサーチ